福島県会津若松市の総合食品卸 BIG食品 会津地域のホテル・旅館・小売店向けに幅広くラインナップ 食を通した社会貢献事業も展開しております - ビッグ食品株式会社

跡取り娘のひとり言「親切心」

こんにちは、跡取り娘です(*^^)v

今日のテーマは、「親切心」。

先日、娘は自転車をこいでいる際、

スカートがタイヤに巻き込まれてしまい・・

どうにか取ろうと悪戦苦闘しておりました(恥)

フワッとした素材のスカートで、

いい感じにくるくる巻き込まれてしまい・・(苦笑)

もう穴があったら、入りたい!娘(;´Д`)

その時!

近くを通ったおばあ様が「大丈夫?」

そのあと通ったおば様が「あら!巻き込まれちゃったの?」

またまた通った若い女性が「大丈夫ですか?取れますか?」

「こうやればいいのではないか」

「スカート切っちゃ勿体ないから、こうすれば・・」

と、3人で試行錯誤してくださり、

・・・スルンッ!

と、スカートが取れました。

もうありがたくて、ありがたくて、

「ありがとうございます!ありがとうございます!」

と、3人の方々へ頭を下げていたら・・

「よかったわ(^_^)」

の一言を残し、スーパーマンのように去っていきました。

困っている人に、当たり前のように手を差し伸べ、風のように去っていくこと。

言葉では簡単ですが、やるとなると簡単なことではない。

以前台湾でも、英語表記がなく困っていた際、

手助けをしてくださった、台湾の女子大生達がいました。

その時も困っていた私(外国人観光客)に当たり前のように手助けをしてくれました。

このようなありがたい経験をしたときに思うのは、

私はちゃんと手助けを出来ているかです。

東京オリンピックを控え、海外の外国人観光客の皆さんはもちろん、

全国各地からその土地を知らない方々がいらっしゃいます。

そんなときに、さっと手助けをできるか、それを当たり前にできるか。

それよりも前に、目の前で困っている人に当たり前のように手助けできているか。

目の前の人は、他人や友人、または家族、様々な場合がありますよね。

マザー・テレサもかつて

「大切なことは、遠くにある人や、大きなことではなく、

目の前にある人に対して、愛を持って接することだ」

と話されています。

今日は「親切心」の跡取り娘のひとり言。

スカート事件は、振り返る良い機会でした(*^^*)

LINEで送る
Pocket